セフレとの出会いを探そう

トップページ > セフレ出会系|街コンで出会いました

セフレ出会系|街コンで出会いました

18歳未満の方は退出してください



街コンで出会いました



先日、会社の同僚に誘われて街コンに参加しました。場所は大阪の梅田だったこともあり男性、女性
合わせると200人くらい参加していたそうです。
わたしは2年前に離婚しています。離婚の原因は妻の不倫で、ただの浮気ではなくわたしと
結婚する前からずっと続いて、もう女性の事は信じられなくなっていました。
街コンに参加したのは、出会いを求めてい訳ではく同僚の付き添いと、セフレのひとりでも
出来たらいいなと思っていたからです。街コンには幅広い年代の女性が参加していました。
わたしが話をしたなかでは、一番下は22歳、一番上は43歳でした。
5〜6人ほどの女性と話をしましたが、その内のひとりと話が合い、街コン終了後に
ふたりで飲みに行きました。その女性はAさんといい、34歳のバツイチでした。
見た目は地味な感じですが、わりと綺麗なひとだと思いました。
Aさんもわたしと同じように旦那さんの浮気が原因で離婚しているので、お互いに
解りあえるものがあったと思っています。
かるく酔っていたのもありますが、ホテルに誘うとあっさりとOKしてくれました。
セックスそのものも数年ぶりでしたが、Aさんとは身体の相性はぴったりで、2時間の休憩のつもりが
時間が足らず、お泊りになりました。結局一晩で4回もセックスしました。
Aさんはわたしとは、特に付き合いは望んでいないとの事で、セフレのような関係でいいと
言ってくれました。わたしはこの出会いに感謝しました。
わたしとAさんは一週間に一度くらいのペースで会いました。基本的には軽くお酒を飲んで、
ホテルに行くのがいつものパターンでした。こないだ初めてAさんの家に行きましたが、
キッチンやお風呂で行為に及びました。Aさんはなぜかわかりませんが、わたしの
する事を拒絶することは無くすべて受け入れてくれました。
女性不振は相変わらずですが、Aさんと出会い、セフレのような関係ですが
いつかまともな恋人のように過ごせればいいなと思っています。


セフレになりませんか?【完全無料】


セフレ出会系|2人のセフレとのセックス体験




俺は42歳のバツ2です。今は特定の彼女というのは作ってません。…というか、もう結婚はコリゴリなので(笑)
ですが、たまにはセックスもしたくなります。なので、現在はセフレが2人います。
1人は40歳のヒデミで、彼女もバツ2です。彼女との出会いは、1年前俺が1人で飲みに行った時に、たまたま隣の席で飲んでいて、意気投合して、気がついたら飲み屋の近くのラブホでお互い生まれたままの姿でベッドインしていたのです。2人とも二日酔いがひどく、何も覚えていませんでしたが、でも、ベッドわきのごみ箱に使用済みのゴムがあったので「ああ、セックスしたんだな」と思って、でも、覚えてない時にしてもアレなので、後日改めて2人で会ってセックスしたら、これが思いのほか相性が良くて、時々会ってセックスしています。でも付き合うなどとはお互い考えていなくて、あくまでもセフレです。ヒデミと会っている時は、俺は主に彼女のオッパイを責めます。ヒデミは年の割にオッパイが大きくて、そのふかふかしたオッパイに顔を埋めるととても幸せです。やっぱり子供を産んでないと、オッパイも若いんですかね?
2人目は38歳のエミで、彼女とは3年続くセフレです。彼女との出会いは、俺がどうしようもなくムラムラしてたまらなくなって、セフレ出会い系サイトで会ったのです。ですが、このエミはなかなかに俺好みの女で、セックスの愛称も良く、俺から「これからもセフレとして時々会ってほしい」と頼んでセフレになってもらいました。エミは童顔の可愛い顔をしている割になかなかにスケベで、いつも会っている時は俺のチンポを触っています。フェラも上手で、俺は必ず1回は飲んでもらっています。これがまた美味しそうな顔をして飲むんです。それにマンコをいじってやると、すごく淫らに悶えるので、それにまたそそられて、1回出したあとのチンポもまた元気になるんです。
この2人と定期的に会ってるので、俺は今は彼女は要りません。これからもセフレと仲良くしていきたいと思っています。

42歳/工員

イキまくり日記【完全無料】


セフレ出会系|セフレの留美(28歳)とローションエッチを堪能




今日は、セフレの留美(28歳)とエッチする日です。


彼女とは、出会い系サイトで知り合ってセフレになってから半年が経ちます。


彼女とは、とてもエッチの相性が良く、また、彼女自身もエッチに貪欲なので、出会い系サイトで知り合いセフレになって以降、今までに色んなエッチを愉しみました。


ローター、ノーパンデート等。


今日は、彼女からの要望で、ローションをすることに。


そこで、私は、通販でローションを購入し、それを持って、彼女の待つ駅前に行きました。


駅前には、彼女が待っていたので、彼女を車に乗せ、ラブホテルへ。


部屋に入ると、早速、私たちは、全裸になり、お風呂場へ。


そのラブホテルは、全室マットが完備されているので、そのマットを敷いて、プレイ開始です。


まずは、彼女の体にローションをかけると『なんか、気持ちいい感じ。』と言って、彼女は、ローションの感想を言うと、私がそのローションを彼女の体に馴染むようにと彼女の体を触ると、彼女から、『あんん。』と声が漏れてきました。


そして、彼女から、『ローション、超ヤバい。』との声も。


その後も、私が彼女の体中を触り続けていると『あああああ、いいい。』と言って、感じる彼女。


さらに、私は、ローションまみれの手で、彼女のお○んこを触り続けていると、『ああああああ、ダメ、そんなことしたらいくわ。いく、いく〜。』といってしまったのです。


こんなに早く彼女がいくのは、初めてでしたので、恐るべしローションかと。


その後、シックスナインをして、お互いのものを舐めあった後、インサートすることに。


まずは、正常位で、入れましたが、マットがヌルヌルして入りずらかったですが、何とか入れると『ああああああ、いいいい。いいいの。』と言って、感じる彼女。


その後も、彼女の興奮は続き、騎乗位では、結合中、自分の手でクリトリスを触り『ああああああ、いい。感じちゃう。』と言っていました。


その時の彼女は、ローションで体中がテカテカと光っている姿がとてもエロかったです。


そして、とうとう彼女からバックをしている時に『ああああ、いっちゃう、いく、いく〜。』と言って、オーガズムに達したのです。


私も彼女のオーガズムの直後、出そうになったので、彼女の顔にザーメンを出したのです。


彼女の顔は、ザーメンとローションまみれになりましたが、そのままの顔で、お掃除フェラをしてくれました。とても気持ち良かったです。


その後、しばらくマット上で、イチャイチャしていたら、彼女のエッチを終えて気持ちよさそうな顔を見ると、彼女と出会い系サイトで出会って本当に良かったと思いました。


都合の良い時、都合のイイ相手で【完全無料】


セフレ出会系|仲良くなりたい!




私のセフレとの出会いはナンパからでした。
仕事の帰り道に一人で歩いていたところ、一緒に話がしたいと
言ってきた男性です。

最初は突然のことにただ驚くばかりでしたが、人と話すのが好きな私は
断れずにそのまま彼について行ったしまいました。
一緒にお茶をして話したところ、多趣味で明るい面がある人だと知り
次第に彼にひかれていきました。
初めて出会った日はそれだけで終わってしまいましたが、連絡先を交換していたため
何度もラインなどで話しました。それが楽しいと感じていたし、
彼がいるとどこか安心しました。
日常の話や仕事の話、時には愚痴をこぼすこともありました。
ナンパからの出会いをした仲とは思えないくらいでした。

ある日、彼の方から欲求不満なんだよねとラインが来て、セックスしようと
いう話が出ました。体の関係が始まったのはその時からです。
セフレはもちろんいなかったし、セックスをしたことのない
私にとっては唐突な話で少し怖かったですが、彼ならいいと思いました。
セックスした場所は彼の家でした。ホテルに行くのも恥ずかしいということで決めました。
彼の家には何度か行っていましたが、その日は違う場所に見えました。
きっと緊張していたんだと思います。

耳元でエッチな言葉を囁かれるだけで感じてしまい、挿入する前からかなりイきそうでした。
喘ぐたびに彼は私の事を可愛いと言って、より気持ちいいと感じるように
愛撫してくれました。
彼の太い指を入れられるだけでも潮吹きが止まらなくて、いやらしいと言われながら
たくさん可愛がってもらいました。
挿入された時は痛みもありましたが、今まで知らなかった快感でいっぱいになりました。
体がぶつかる音や液体の音がはっきり聞こえて、二人でかなり興奮していました。
中出しされて幸せでした。彼の精液で満たされていくのはとても嬉しかったです。

私と彼は、セフレという関係で今も仲良くセックスしています。
ナンパからの出会いで、素敵な彼と出会えました。

フリーター、25歳


ご近所交際ならこちら【完全無料】


セフレ出会系|セフレとの出会いは僕の人生を大きく変えた




私は普通の会社員でありますが、つい3年ほど前に結婚をして、現在は普通の家庭を築いています。家庭では普通の良い人間ですが、私は妻に内緒である女性と不倫の関係を持っています。妻には満足できず妻以外の女性に興味を持っていますので、どうしても罪悪感を持ちながら生活をしていますが、しかしどうしても妻との性行為に満足をすることが出来ず不倫関係の女性と肉体関係を望む生活を送っているのです。

私の不倫はセフレ関係のみで他の男女間のお付き合いはほとんどありません。私はこの女性との出会いに関してある種偶然めいた運命を感じています。彼女も結婚をしており男の人との不倫の出会いを熱望していました、私は彼女とある出会い系サイトで知り合い、知り合ってから2ヶ月でセフレの関係になりました。彼女は私よりも3歳年下で非常にスレンダーで美人な女性であります。妻に持っていないものを持っていることで私は彼女との性体験を本当に幸せに思っています。

彼女も自分の夫に満足することが出来ず、私と彼女はお互いの相手に求めるものは性体験のみでありますので、私たちは最良のセフレであります。ついこの間もお互いの仕事が終わり駅で待ち合わせをして、そのまま彼女家で食事をしながらお酒を飲みました。その後彼女の寝室で性行為を楽しみながら私たちは非常に最高の時間を過ごしたのです。彼女の夫は単身赴任で現在北海道の方に入っていますので、彼女の家で私はよく遊びに行っています。

彼女はとても人なっつこい女性で非常にさみしがり屋な女性でありますので、私も精一杯彼女の寂しさを紛らわすように彼女に数々のテクニックを使っています、彼女は夫以外の男性と男性経験が少なく、私の性行為に非常に新鮮さを覚え、夫よりも私の性行為を褒めてくれます。彼女の夫が帰るのが来月の月末になりますので、それまで彼女の家で幸せな性活動を続けていこうと思っています。私の性欲はやっと数年ぶりに満足することが出来ました。

35歳 会社員

直電・直アド交換【完全無料】


セフレ出会系|出会い系で知り合った宿無し女の話




その女性との出会いは以前実東京から実家に帰省していた時、出会い系サイトで相手してもらった女の子で、自分は現在東京で暮らしている事を話したら将来自分も上京したいからと連絡先を交換しました。
その時は何も考えていなかったのですが、帰省した時セフレにでもなればと思っていました。
その後は何の連絡もないまま2年半がすぎて忘れていた所、連絡がありました。話をすると今東京に来ているとの事で食事に行く事になりました、セフレが出来るかもという淡い思いの前に、なぜ自分に電話してきたのかを知りたくて誘いました。
そもそも恋人としては考えていなかったので、相手には居もしないのに恋人がいると嘘をついていたからです。
その日に会って食事に行き話しをしましたが、どうやら上京はしたけど知り合いの家に居候してるとの事でした。
ああ援助してもらいたいんだなとそこから大人の話をして、関係を持つようになりました。もちろん金銭的な事ではなく基本居候先に住んで週末うちに泊まりにくるといった感じです。
ある時いつも彼女がいない事を聞かれ正直にいない事を話したのですが、そこから彼女の猛プッシュが始まり正直怖くなりました。
彼女との出会いが出会いだけに、信用が出来なくてこちらでも出会い系サイトでセフレがいるのではと思っていて、本気になれませんでした。
ある時彼女が酔っ払って自分に対して今までの不満を言ってきました、自分も彼女に同じ様な関係の人がいるのかを聞くと泣きながらそんな人はいないと言いました。
それから自分は彼女を少しずつ信用していき、居候先から自分の家に引っ越すよう言いました。引っ越してからは彼女の献身的な態度に段々惹かれていくようになり、結婚を前提に付き合っても良いと思っていました。
ある日寝ている時にトイレにいこうとして彼女のバッグを蹴っ飛ばして中身を散乱させてしまい、拾っていると手帳の裏に知らない男性とキスしているプリクラが貼ってありました。
次の日に彼女に問いただした所、居候していた知人というのはその男性で、自分と同じ地元の出身で自分より前に出会い系サイトで知り合ったとの事でした。
要するに上京するのに出会い系で知り合いをつくり、居候として転々としているとの事した、今も昼間自分が仕事をしている間にせっせとコネづくりに励んでいたと開き直って話してくれました、次の居候先が決まっていたのでしょう。
完全に信じていたのですが、その時のあまりの開き直りっぷりに笑ってしまい、二人でその日は飲み明かして自分がいかに騙されていたのかを面白おかしく話してくれました。
次の日我にかえり、早く出て行ってほしかったので次の居候先の住所に荷物を送ってその日に出て行ってもらいました。
自分としては食費と日用品ぐらいの出費なので気持ちの部分以外はなんともないですが、それぐらいの出費だと責められないだろうというのが彼女のねらいだったんだと今は思います。
40歳、自営業