セフレとの出会いを探そう

トップページ > セフレ意味|モトカレとセフレになった体験談

セフレ意味|モトカレとセフレになった体験談

18歳未満の方は退出してください
秘密のお相手探し!【完全無料】
↓↓↓↓↓


モトカレとセフレになった体験談



先日久しぶりにとあるイベントに行きました。結婚してからそのイベントに行くのはホントに久しぶりで、すごく楽しかったんです。
イベントが終わって帰ろうとして出口に向かうと、なんとモトカレとぱったり出会いました。あんまりにも久しぶりだったので、近くの喫茶店で一緒にお茶を飲みました。モトカレは今は遠距離恋愛の彼女がいるけど、月に1階しか会えないのでアッチが寂しいって話をしてて、私はダンナが単身赴任で、月に1回しか帰って来ないのでやっぱりアッチが寂しいって話をしたら、「じゃあ久しぶりにHしようか」って話になって、2人でラブホに行きました。
モトカレは手際よく私の服を脱がせてくれて、自分の服も脱いでくれました。久しぶりに見る彼の裸はすっかりたくましくなってて、あの頃のひょろっとした身体よりずっと魅力的で、あの頃じゃなくて今出会いがあったら、メタボなダンナよりこのモトカレと結婚してたのにと思いました。モトカレも私の裸を見て「きれいになったなー。あの頃じゃなくて、今出会ってたら大事にしたのに」と言ってました。
2人でお互いに洗いっこして、湯船に浸かりながら1回Hしました。すごく気持ちが良くて、あの頃より彼は上手くなっててビックリしました。モトカレも私の身体が気持ちよかったみたいで「すごく気持ちよかったから、これからもセフレとして付き合わない?」と言われたので、私も「セフレならいいよ」と返しました。
その後ベッドに行って、モトカレのおちんちんをフェラしてあげました。モトカレすごく気持ちよさそうにしていて、私の口の中にたくさん出してくれました。さっき1回出したのにと思ったんですが、「たまってるからしょうがないだろー」だそうです。なので、お返しにモトカレにも私のアソコをクンニしてもらいました。私は2回もイかされてしまし、我慢できなくなって、また入れてもらいました。おちんちんを強弱つけて突いてくるのがたまらなくて、ついつい大きな声を出してしまいました。
終わった後、彼は「今日偶然でもお前との出会いがあってよかった。これからもセフレとして時々Hしたい」と言ってくれたので嬉しかったです。なので、週に1度の割合で会ってHしてます。

33歳/パート

男も女も考えるコトはひとつ!【完全無料】


セフレ意味|彼女がセフレを卒業する時まで・・




彼女と出会ったのは出会い系サイトでした。

出会い系サイトでは「大人の出会い」という掲示板の書き込みからでした。
「話しを聞いてくれる男性募集」というメッセージがあったので会いたいと申し込みました。
「今から会ってくれる?」と返信があったのですぐにOKと返事を返します。
そうして彼女と会うことになりました。
待ち合わせ場所に来た彼女は少し幼い顔立ちですが、美形で可愛い女の子でした。

彼女は23歳。OLだそうです。
彼女が話したかった内容は離婚したばかりで孤独で寂しいということでした。
23でバツイチということも驚きましたが、離婚の原因がDVだったと知りますます驚きました。
そういう話しを全部聞いてあげて彼女の寂しさは少し和らいだようです。
結局その日は別れましたが、LINEの交換をしてもらえました。

そうして何度か会っているうち、段々と彼女の笑顔が戻ってきました。
でも彼女は恋愛や結婚についてはやはりもううんざりだと言っていました。

でもある日僕ははっきり伝えました。
「このまま相談相手で終わるつもりは無いよ」「恋愛出来ないというならセフレならいいの?」
彼女は少し考えていると「私だけ相談してもらって都合が良すぎるよね」
と言い、彼女はセフレの関係をOKしてくれました。

こうして彼女とのセフレとしての関係が始まりました。
ベッドで見る彼女の身体は透きとおるように白く、少し小ぶりな胸と色の薄い乳首。
こんな彼女を自由にできることに興奮が高まります。

彼女の身体にを手を回しゆっくり優しく愛撫していきます。
そうして下へ下へ進んでいき、指でアソコをクリクリしていきます。
彼女はそこが性感帯のようで、どんどん喘ぎ声を出していきます。
最後は手から激しいクンニに変えると彼女はたまらずイッてしまいました。
彼女は横たわって「こんなに優しくされたの久しぶり」と甘えてくれます。

そう言ってくれる彼女が愛おしくなり、ゆっくりまた抱きしめ今度は本当に彼女の中に入っていきます。
中も彼女は感じやすく、激しく突いて行くと彼女に似合わないほどの大きな声でいやらしい喘ぎ声に変わっていきます。
そして彼女は僕に応えるために「好きな体位でして」と言ってくれます。
彼女を十分に濡らしたところで「後ろからしたい」と彼女に要求します。
彼女は頷きながら、お尻を突き出し僕を迎え入れてくれます。
僕は興奮して、彼女の腰を持ち上げながら激しく激しく突き続けました。
彼女はそれまでにあげたことのないいやらしい喘ぎ声で「イクっイクっ」と叫びます。
こんな可愛い彼女をそんないやらしい叫び声まで出させた独占欲を感じながら、最後は彼女と一緒にフィニッシュ。
僕と彼女は心も身体も1つになれた気がしました。

彼女とセックスするためだけの関係になるつもりはありません。
セフレという関係であっても彼女を今後も笑顔にしたい。
いつか彼女が恋愛に前向きになって、セフレを卒業してくれるまでこの関係を続けるつもりです。


Hなお友達が欲しい?【完全無料】