セフレとの出会いを探そう

トップページ > 地方の小都市での退屈な生活に彩りを添えてくれたセフレ

地方の小都市での退屈な生活に彩りを添えてくれたセフレ

18歳未満の方は退出してください
エロ写メ倶楽部【完全無料】


地方の小都市での退屈な生活に彩りを添えてくれたセフレ



地方の小都市での生活は、20代後半の若い男性にとっては退屈この上ないものです。会社に就職し、配属先が地方の小都市で、大学時代の友人達を会う事もままならず、会社とマンションを往復する毎日は、やはり退屈なものです。
会社には同世代の若者もいないため、休日には行きつけの食堂と、時々出かけるスナックで少し話す程度で、話し相手さえいないのです。こんな生活の中で、彼女ができる訳でもありません。
しかし、男性として無性にセックスをしたくなる事もあり、愛情がなくてもセックスの相手をしてくれるセフレが居れば、どんなにか違うだろうと考えたりもしました。
しかし、出会い系サイトなどで募れば、ネット上の友人は場所を選ばず作れても、実際に会う必要があるセフレの確保には、人口の少ない地方の田舎町では無理だろうと半ばあきらめてはいました。
それでも、とにかく試しにとセフレをネットで求めてみました。案の定、中々会いに行ける範囲でそうした女性を見つける事は出来ませんでした。
やはり駄目かと、脱会しようとした時に、ようやく車で1時間の所に住むと言う女性と、メールのやり取りができました。商売女ではない事だけ確かめて、実際に会うところまでこぎ着けました。
狭い生活圏の地方都市では、会社関係の人にいつ見られるかも知れないため、その女性の住む町から更に車で30分の遠方で敢えて会う配慮をしました。
バツイチで私よりは10歳も上の女性ですが、結婚対象ではないので、そんな年齢の事はどうでも良く、抱き心地の良いぽっちゃりタイプであった事で十分でした。
お茶をしながら少し話し、後は即ラブホに向かいました。予想通りに熟女の淫乱さを爆発させたその女性は、セフレとしては理想の女性でした。久しぶりのセックスに、最初はすぐに果てた私でしたが、熟女の手と口ですぐに元気になると、後はもう狂ったように何時間もむさぼるように楽しみました。
その日のセックスで、熟女から合格の承認を得られたようで、付き合う事の承諾を得る事ができました。遭うたびに、新たなテクニックと体位を教えてもらい、熟女に調教された私はいつしかAV男優顔負けのテクニックを身に付ける事ができました。
いつか、本社のある大都会に戻った時、このテクニックで多くの女性を泣くほど喜ばせてやろうと密かに考えています。


セフレ募集中【完全無料】