セフレとの出会いを探そう

トップページ > 2人のセフレ

2人のセフレ

18歳未満の方は退出してください
生ハメマーケット【完全無料】


2人のセフレ



私には2人のセフレがいますが2人共にネットの出会い系で知り合った男性です。
現在はバツ1なので、特に罪悪感はなく2人のセフレ男性と上手に付き合っています。
以前はそんなにセックス自体は凄く好きだという感じてはありませんでしたが、30代の後半になるにつれて、性欲が増してきました。

毎日とにかく悶々としてしまい、職場にいる若い子を誘ったりもしましたが、警戒されてしまったので(涙)それからは男性を探すのは出会い系しかないと思いました。

2人のセフレ男性はおじさんと、若者です。
年齢が全く違う2人のセックスは年齢同様本当違うセックスをしてくれます。
そのギャップがたまらなく楽しくで続々します。

今日はじっくり丁寧に抱かれたいと思うときはおじさん。
翌日は雑に攻めてもらいたいなと思うときは若者。
そんな感じに分けています。

おじさんとの出会いはプロフィール検索で向こうからメッセージがきました。
本当に普通の53歳のおじさんです。
性癖も特に変わったことはなくて、同じバツ1同士なので、話も合いましたが、体も合いました。
セックスに飢えている感はありましたが、がつがつしていなくて(年齢的にがつがつ出来ないのかも?それませんが)優しく長く全身を舐めまわしてくれます。
挿入してからも長く楽しめるのがおじさんとのセックスの特徴です。

若者とは掲示板で知り合って、なんとその日に待ち合わせしてセックスをしたという超スピードでした。
私の中で若い子を逃したくないと思ったので(26歳)彼から、「今日会えますか?」と言われて会いにいきました。
正直セックス自体はそんなに気持ちが良い事をしてくれません(愛撫は簡単、早い、終わったら余韻なし)しかし、かえってそのさっぱり感がたまらずはまりました。

今は私が会いたい時に連絡して、相手の都合が良ければ会う感じになっています。
毎回避妊はしるようにしています(一応ネットで出あった男性と遊ぶマナーとして)


39歳のパート勤務で働く女性です。


愛よりSEX【完全無料】


42歳の女性の私でもセフレを作ることが出来ました




10年前に離婚してからというもの、働きながら女手ひとつで3人の息子を育てています。子供の手は殆ど離れていますが、日中は仕事をして、夜に帰宅すれば家事、くたくたになってベッドに倒れ込むような毎日の連続でした。反抗期の子供を抱えて「こんな毎日、もう嫌だ!」と思う日もありました。

出会い系サイトは、そんな毎日のストレスを発散するためにセフレが欲しいと、登録したのがきっかけでした。自分の容姿にはあまり自信がなかったのですが、プロフィールにはそのまま実年齢を書きました。正直に書いたほうがいいと思ったからではなく、その時は、まだ実際に誰かと出会いうことが怖くて(こんなおばさんなら、きっと誰も相手にしないだろう)という、腰の引けた状態だったからです。

登録完了から10分経っても出会い系サイトからはなんのお知らせメールも届きませんでした。(やっぱりな・・・40歳過ぎた私が出会いを求めるなんて無理があったのよね。)と自分に言い聞かせて、ため息をつきつつも半分心のどこかでホッとしたような感覚が過ったその時、携帯が鳴りました。出会い系サイトからのお知らせメールの着信でした。

ドキドキしながら開けてみると、相手は30代半ばの既婚会社員と名乗る方で「よかったらお食事でもいかがですか?」と書かれていました。瞬ためらいましたが、相手は所詮他人です。実際に会ってみてどうしても気が進まなければ、食事だけで帰ればいいと思いました。

彼は、実際に会ってみるとなかなかのハンサムで、パッと見には、どこか大手の商社にいそうなデキル男といった雰囲気でした。そのせいか、なんとなく気後れしてしまったのですが、彼の気さくな人柄に助けられてお酒が進むと、すっかり気を許してしまいました。

とはいえ、目的は飲み友達ではなくセフレになることですから、相手に興ざめしないよう、お互いの家庭の話は一切しませんでした。私のことを下の名前で呼んでくれて「どんな男が好きなの?」と耳元で訊かれた時にはドキドキしました。半分酔いが回った状態でホテルに連れて行かれて、あとはされるがままという感じでしたが、男性の前で裸になり、抱きしめられるだけでもう体中が痺れるような快感に襲われました。その後、彼とは週1で会っています。

42歳 バツイチ子持ち女性会社員


もしも大きくなかったなら



出会い系アプリで上手いこと出会えるかどうかは運でしょう。
私はこの前結構いい出会いをしました。
いい人ならセフレに、というぐらいのりのいい子です。
しかしとりあえずいった食事のときの会話で失敗し、セフレどころかホテルにいけるかも危うくなりかけました。
それでも何とかホテルにはいってもらえますが、あまり機嫌がいいとはいえません。
こりゃさっさと出して終わりかな、と思いつつ脱ぎます。
すると、不機嫌そうな女性の目が輝きます。
「なにコレ! 超でっかいじゃん、ゾウさん!」
食い入るように私の一物を見てきます。
確かにサイズで負けたと思ったことはありません。外国製のAVを見てもこんなものかとしか思ったことがありません。
しかしそのデカチンで特に喜ばれた記憶もありません。始めに驚かれるだけで、後は普通です。
それが、その女性は目を輝かせていました。
「わーもう、ぱっとしないのに、チンチン超すごいじゃん、いってよもう」
「そ、そんなにすごいかな」
「巨根とばっかりしてきたけど、ダントツよダントツ」
急に機嫌がよくなった女性は、さっさと服を脱ぎ捨てて私の一物を巨乳に挟み込んでくれます。
「デカイから、挟んで咥えられるよ。フェラパイズリ大好き」
挟みながらチュパチュパと音を立てて一物をしゃぶります。
いきそうになると交代、私が舐める番です。
がんばって舐めましたが、さほど彼女が喜んだようには思えませんでした。
「もういいから、デカチンポ入れてよ」
もしも自分のが並だったら、どういう展開だったのか考えるだけで縮みますが、挿入します。
「奥まで来るわ、やっぱりデカイのいい!」
いわれて、嬉しいのでズボズボと激しく出し入れ。
「彼氏のよりデカイわ、気持ちいい!」
彼氏もちでセフレを探しに来て、しかもそんなことをいうのか。
自分が彼氏だったらと思うときついですが、それ以上に彼女のアソコはきつく、何とか行かないで彼女を行かせるのに必死です。
どうにか行かせると、彼女はでかいから気持ちいい、ということを絶叫して体を痙攣させます。
努力は評価してくれないのかと思いつつも、一様気持ちよく自分も出します。
事後、ぜひセフレにといわれますが、彼氏もち相手にそれはと悩んでいるところです。

三十歳、自営業


バーで女性と出会いセフレ関係となりました



とある街を一人で歩いていると、小粋なバーを見つけました。
これは良いと思い、私はこのバーに入ったのです。
そして一人グラスを揺らして、お酒を楽しんでいたのです。
すると近くで一人で飲んでいた女性が、私に声を掛けて来ました。
女性は「お一人?」と声を掛けて来たので、私は「ええ、そうです」と返しました。
この後私たちは、しばらく他愛のない話に興じたのです。
するといきなり彼女が「セフレに興味ない?」と言って来たのです。
私はセフレという言葉は知っていましたが、彼女が何を言いたいのか分からなかったので、「セフレがどうかしたんですか?」と聞き返しました。
すると彼女は「私、セフレを探しているんだけど、あなたなってみる気はない?」と言って来ました。
唐突に初対面の女性にそんな事を言われてしまい、私は驚いてしまったのです。
ただ彼女はキレイでスタイルも良かったので、「僕とセフレになってくれるんですか?」と聞いたのです。
そしたら彼女が「あなた私の好みのタイプだから、セフレになってもいいわよ」と言って来ました。
セフレなんてものはなろうと思ってもなかなかなれる物ではありませんから、これをいいチャンスと捉え、私は「僕で良かったらセフレになりますよ」と言ったのです。
そしたら彼女は嬉しそうな顔を浮かべ、「じゃあ早速ホテルでしましょう」と言って来たのです。
私は彼女の言葉に直ぐに頷き、二人でホテルに入りました。
部屋に入ると彼女は服を脱ぎ去り、とてもセクシーな下着姿になりました。
私はそんな彼女の下着姿に欲情して、私も服を脱いでパンツ一枚になったのです。
そして二人でベッドインして、体を絡ませ合ったのです。
この後私たちは下着も脱いで裸になり、お互いの体を愛撫し合いました。
最後に彼女の中でイッタのですが、その気持ちの良さは今でも忘れられません。
こうして私はバーで出会いを果たした女性と、セフレ関係となったのです。
何気なしに入ったバーで女性と出会い、セフレ関係にまでなり、自分は何て運がいいんだろうと思っています。

「30代:公務員」